アンティーク家具の魅力 1

IMG_3146.JPG
アンティーク家具の魅力。
この家具はマホガニーというツキ板が
パイン材の本体に貼られています。
そのツキ板を当時の技術力で薄くカットしているのですが、
このように波打っています。
現在の家具ではありえないのですが、
僕はこの鈍く光る感じと、歴史を感じさせるこの波打ちに
強く引きつけられます。
まっすぐでない直線や、
欠けている角や、薄くなった色、
そういった家具の変化を
いかにチャーミングに見せられるかということが
僕は修復師として大切な技術だと思っています。
オークションや学校では決して評価されないポイントですが、
間違いなく、アンティーク家具に見られる特徴です。
皆さんの家具にはどのような印が見られます?
facebookページではこのような記事を書いています。
http://www.facebook.com/masamunehakoya

masamune について

マサムネ工房管理人の細川です。 アンティーク家具の修復や住宅の補修などをしています。 四国での生活や日々の仕事の中で感じることなどを書いています。
カテゴリー: アンティーク家具の魅力 パーマリンク