修復の基本6

    

クロスストレッチャーの割れは、構造的にみると再発する可能性があります。

写真で見てもらえばわかるように、脚の先端が外に開います。

どうしても、上からの負荷が外へ逃げようとしますので、

中に入っているクロスストレチャーの意味があまりありません。

それでも、内側に何もないよりは強度を確保できますので、

しっかりと直します。

実は、よく考えると、このクロスストレッチャーを外すことは不可能に近いのです。

内側に入れるときは少しの広がりが期待できるのですが、

外す時はクロスストレッチャーが長すぎて、穴から出ませんでした。

つまりこのスツールを作るときは、ストレッチャーを組み込みながら、

固定していったのでしょう。直すことは考えていませんし、負荷のかかりに対して、

工夫がなされていないことになります。

この根元部分は途中から折れていたので、外れました。

そして、折れた根元の部分は、作り直し、長さの微調整に2日かかりました。

脚の穴の内側に受けを作り、短めに作り直したクロスストレッチャーの根元を、

穴の内側にはめたときに、より強く固定できるようにするためです。

2枚目の写真はベルトクランプで締めあげています。

3枚目の写真のように、クランプを使うときは、必ず当て木をして保護します。

透明のアクリルなら、中の状態が見えますので、

接着のずれを防ぐことができます。

膠はアニマルグルーを使用して、一晩圧着をします。

今現在、世の中にはいろんな種類の接着剤がありますが、

圧着が必要か、必要ないかというポイントは

かなり接着剤の選択のポイントとして大切です。

品物や、現場状況に応じて、使い分けることをお勧めします。

masamune について

マサムネ工房管理人の細川です。 アンティーク家具の修復や住宅の補修などをしています。 四国での生活や日々の仕事の中で感じることなどを書いています。
カテゴリー: 修復 パーマリンク

修復の基本6 への2件のフィードバック

  1. Masahiko Hosokawa のコメント:

    吉田さん アクリルは使いやすくていいです。硬さも、厚みもいろいろ選択できますからね。

  2. Hiroaki Yoshida のコメント:

    あて木にアクリルとは・・なるほど!

コメントは停止中です。