月別アーカイブ: 2011年11月

アンティーク家具の魅力17 Styleの変遷

ちょっとスポーツ観戦と食欲の秋に興味が向いている間に、あっというまに1か月がたちました。 これまで、Neoclassicalの家具を中心に、有名な家具デザイナーのチッペンデールから始まって、フランスの影響を受けたり、与え … 続きを読む

カテゴリー: アンティーク家具の魅力 | アンティーク家具の魅力17 Styleの変遷 はコメントを受け付けていません。

修復の基本14 塗装

やっとのことで、木部の修復が完成しました。 次の課題は無数に打ち込まれたピンの跡です。 サイドレールとバックレールにツキ板を張るということとなりました。 既存の保存ということに関しては、ツキ板をはがしてしまえば すべて元 … 続きを読む

カテゴリー: 修復 | 修復の基本14 塗装 はコメントを受け付けていません。

修復の基本13 木工部分の修復3

今回は彫刻の部分です。 木材はビーチです。塗料で隠蔽される仕上がりのものなどには よくこの木材が使われています。 椅子のフレーム部分や、彫刻を施す部分などにも、 表には出てきませんが、修復には必要な木材の一つです。 足の … 続きを読む

カテゴリー: 修復 | 修復の基本13 木工部分の修復3 はコメントを受け付けていません。

修復の基本12 木工部分の修復2 

アンティーク家具の修復をしていると、過去に施された修復のひどさに、文句を言いたくなります。 この下の写真では、ジョイント部分のオスがありません。 カットされたのか、どうかも今となっては分かりませんが、 なぜこのまま放置さ … 続きを読む

カテゴリー: 修復 | 修復の基本12 木工部分の修復2  はコメントを受け付けていません。