修復の基本14 塗装

やっとのことで、木部の修復が完成しました。

次の課題は無数に打ち込まれたピンの跡です。

サイドレールとバックレールにツキ板を張るということとなりました。

既存の保存ということに関しては、ツキ板をはがしてしまえば

すべて元通りになりますので、穴を一個づつ埋めていくよりは

今の状態をそのまま保存できるという結論になりました。

これでフィニッシュ(塗装の意味でつかいます。)の準備ができました。

クランプをありったけ持ち出して、各部材をアニマルグルーで

固定します。こういうときは、アニマルグルーが冷えて固まる前に、

クランプを締めあげなければならないので、クラスメートに助けてもらいます。

一度アニマルグルーなしで締めあげてみて、スムーズに固定できるか

リハーサルを行いました。

すこし、デザイン的に考慮する部分が出てきました。

次の写真は前から見たときのツキ板の厚み部分です。

正面からソファーを見ると、サイドに張ったツキ板の

厚みがもろに見えて、野暮ったいということが問題点としてでました。

ここは、正面からみてなるべく厚みを見せないようにするために

斜めなるようにかんなで薄く削りました。

 

いよいよ塗装です。

まずはどのような黒色なのか。よくみて考えなさいと言われました。

黒だとしか言えませんでした。

この時、先生は次の家具を同じ依頼者から預かっていました。

ある日、どこからか、足を1本持ってきて、これと同じ黒にしようと言い出しました。

 

次回に続きます。

masamune について

マサムネ工房管理人の細川です。 アンティーク家具の修復や住宅の補修などをしています。 四国での生活や日々の仕事の中で感じることなどを書いています。
カテゴリー: 修復 パーマリンク