アイロンの焦げ跡

CA370485CA370487

アイロンをおいていて焦げてしまったと、持ち主さんからの依頼。

スイッチを切ったつもりで、放置していたら、焦げ臭くなって、

駆けつけてみたらこのように。

さいわい、熱が上がる前に気が付いたので、そんなに真っ黒にはならなかったので、

このぐらいなら、なおりますよね。と言っていただきました。

さいわい、塗装されている、合板の床材だったので、軽くペーパーで焦げを落として、

上塗り、上塗りで塗装して、木目を書いて、このくらいまでは治りました。

さて、これが無垢材だったら・・・。

なかなか治すのは難しいですね。ひたすら削るしかないかな。

 

masamune について

マサムネ工房管理人の細川です。 アンティーク家具の修復や住宅の補修などをしています。 四国での生活や日々の仕事の中で感じることなどを書いています。
カテゴリー: 5時間作業, 住宅建材REPAIR, 木部 パーマリンク