単一色のちょこったした傷ほど難しい。

IMG_4984[1]IMG_4987[1]

以外とこういう傷が、補修屋が現場に入って悩む箇所。

「単一色」という言い方をしますが、

木目がなくて均一に塗られたパネルのようなものを治すには、

吹き付け塗装できる道具が必要になります。

そして、その道具たちは大きくてかさばるので、

病院やホテルなどの場合、

何階も移動しながら傷を治していく必要があるのです。

なかなか体力的にも大変なのです。

 

過去一番最悪だったのは、16㎏あるコンプレッサーと大きな道具箱一式をもって20回建ての

マンションを登ったり、下りたりしながら作業したこと。その日は大雪で停電。

エレベーターを使えずに階段で大雪の中、大汗をかきながらの作業でした。

 

しかし、この日、外の気温は32℃に上がる中、施設の中は空調のテストでクーラーききまくり。

涼しかったので集中して作業することができました。

やはり、こういった傷を治すには最初の調色が肝心です。

しっかりと時間をつかって色と艶を合わせておけば、後は流れ作業で済んでしまいます。

今日は仕上がりもよく、涼しい環境で終えられたラッキーな一日でした。

 

masamune について

マサムネ工房管理人の細川です。 アンティーク家具の修復や住宅の補修などをしています。 四国での生活や日々の仕事の中で感じることなどを書いています。
カテゴリー: 1.5時間作業, 住宅建材REPAIR, 木部 パーマリンク