無垢材は方向変色します。

IMG_5992IMG_5995

四国ではとても無垢材が使われる比率が高く、

「方向変色する部材です。」といっても、

なかなか理解されないことがある。

傷にパテを入れたり、着色をしたりすると、

写真のように影ができてしまい、

反対方向から見るとまったくわからないように補修してあっても、

逆から見るとこのように見えることを方向変色といっています。

対策としてはいろいろあるのですが、

よく見るとわかるなーという感じになってしまう。

木目調にしたり、節に書き換えたり、ラメやパールなどで光を拡散するように着色したりしています。

まだまだこれから改良の余地がある補修項目となります。

masamune について

マサムネ工房管理人の細川です。 アンティーク家具の修復や住宅の補修などをしています。 四国での生活や日々の仕事の中で感じることなどを書いています。
カテゴリー: 3時間作業, 住宅建材REPAIR, 木部 パーマリンク