ブロンズ色に挑戦

IMG_6559[1]IMG_6564[1]

普段はスプレーでのアルミ補修が多いのですが、

これからは耐久性を持たすことを目指して、

2液性のウレタンにて調色、吹き付けという流れでの

補修作業を練習し始めました。

調色はステン系の基本色かゴールド系の基本色に

原色を入れながら調色する方法をとりました。

少し、ステン系の粒子が粗く、

滑らかさに欠けますが、

見た感じの色合い、雰囲気は再現できました。

あとは、しっとりした滑らかさを出すために、

クリヤーの選定と、かぶせ方の練習が必要です。

ラッカーのスプレーでも、剥がれることはありませんが、

先日、高知の陽ざしの強さを感じて、

メーカーに問い合わせたところ、

沖縄の次のレベルで耐候性が必要ということでした。

これは、チャレンジするべきと判断して、

今後は2液のウレタンの使える範囲を広げていこうと思います。

1時間30分の作業時間でした。

masamune について

マサムネ工房管理人の細川です。 アンティーク家具の修復や住宅の補修などをしています。 四国での生活や日々の仕事の中で感じることなどを書いています。
カテゴリー: 1.5時間作業, 住宅建材REPAIR, 金属 パーマリンク