ガルバは難しいですが、チャレンジしてみました。

IMG_6689[1]

IMG_6690[1]

見た感じの平面とか艶までは合わせることができるのですが、

光の当たり方によって、色の見え方が変わるので、

非常に難しい対象物です。

下側の写真を見てもわかるように、右のほうは白っぽく見えて、左のほうは緑っぽく見えます。

今回は、その点のご理解をいただいて作業をしました。

光が強く当たると白く見えて、曇ってくるとうっすら緑が入っていているように見えます。

今回はその白と緑を足して2で割って、中間くらいの色でぼかすようにしました。

艶と平面はきちんと合わせてあるので、あまり気にならないくらいの仕上がりとなりました。

約5時間の作業でした。

 

masamune について

マサムネ工房管理人の細川です。 アンティーク家具の修復や住宅の補修などをしています。 四国での生活や日々の仕事の中で感じることなどを書いています。
カテゴリー: 5時間作業, 住宅建材REPAIR, 金属 パーマリンク