窯業系サイディングの補修

IMG_6534

IMG_6539

ちょっと年季の入った外壁。

窯業系サイディングに車が少し当たってしまいました。

疲れていたり、暑かったりすると、どうしても、集中力が落ちるのでしょうね。

かなり表面の凹凸があり、どうやって再現するか?

とりあえず、表面の塗膜が経年変化でチョーキングしているので、

水分を吸うと黒っぽく変色します。

まずは、周辺の外壁のクリーニングと、吸い込みを止めるために

塗膜を付けてから、表面の凹凸の再現にかかりました。

最初の処置が功を奏して、

型どりしたクレーにパテを流し込み、

表面の再現に成功。

あとは外壁用の塗料で調色して上からクリヤーを載せました。

3時間ほどの作業でした。

masamune について

マサムネ工房管理人の細川です。 アンティーク家具の修復や住宅の補修などをしています。 四国での生活や日々の仕事の中で感じることなどを書いています。
カテゴリー: 3時間作業, サイディング, 住宅建材REPAIR パーマリンク