方向変色のパネルに挑戦

IMG_6987

IMG_6990

 

築年数のけっこう立っている建物の会議室のドアパネルです。

突板が厚く、オイルが塗られており、方向変色するので、かなり厄介な代物です。

ですが、高級品はなおりがいいの法則どおり、

色合わせしたパテとステインである程度目立たなくなりOKをもらいました。

最近は普通の補修のレベルをより上げるために、

パテでの色合わせ、

着色での艶合わせの2点に重点を置いて日々の作業に取り組んでいます。

なんでも埋めて、上から分厚く着色して隠蔽するのではなく、

パテの色も、着色の色も少しづつ光にすけながら、

多重構造で色合いをあわせていくと、

深みのある色合いになり、

仕上がりになっとくが行くようになってきました。

色あわせの段階で艶も合わせるというのは、

なかなか難しい作業ですので、

これはまだまだ改良の余地がありますが、

もし、色を作る段階で、

艶の高低を作れるようになれば、作業の効率は上がります。

もうそろそろ15年が過ぎようという補修屋家業ですが、日々精進です。

masamune について

マサムネ工房管理人の細川です。 アンティーク家具の修復や住宅の補修などをしています。 四国での生活や日々の仕事の中で感じることなどを書いています。
カテゴリー: 1.5時間作業, 住宅建材REPAIR, 木部 パーマリンク