筆にて白をぬる。

IMG_7934IMG_7935必要ない鍵穴を埋める作業の依頼。

よく見ると、うっすらと木目があるので、

筆で色を塗るか、スプレーで塗りつぶしてしまうか

相談して、筆で色を塗って木目を残すことに。

こうなると、手間としては2倍に増えますので、

作業効率が良くて、仕上がりのいい方法を探します。

このような穴の開いたところが12ヶ所あるので、

一度に大量に色を作って、平たい刷毛で乾かしながら

塗りつぶします。

薄めたクリヤーで塗膜を形成しながら、

最後に塗膜に吸い込むように細い筆で、木目を書いてなじませます。

1日で完了しましたので、まずまずの効率化と思われます。

 

masamune について

マサムネ工房管理人の細川です。 アンティーク家具の修復や住宅の補修などをしています。 四国での生活や日々の仕事の中で感じることなどを書いています。
カテゴリー: 7時間作業, 住宅建材REPAIR, 木部 パーマリンク