微妙な色違い

去年の5月はとてもゆっくりできて、ことしもどっか遊びに行けるかなーなんて

ゆうちょに構えていたら、微妙ないろな違いの色合わせとか、

うっすらへこんだ扉とか、なかなか難しい案件の問い合わせが続いて、

四国で開業して3年がたって、だいぶマサムネ工房の補修も浸透してきたかな?

こちらの笠木と天板の色違いはほんと若干薄いのが気になるということで、

木目の透かしを残した状態で、少しだけ濃くして色を合わせてきました。

入居される前だったので、塗装でのシンナーでお客さんに不快な思いを

させることなく仕上げることができました。

段取りがいいとほんと仕事がしやすいです。

今日も作業させていただきまして、ありがとうございました。

masamune について

マサムネ工房管理人の細川です。 アンティーク家具の修復や住宅の補修などをしています。 四国での生活や日々の仕事の中で感じることなどを書いています。
カテゴリー: 5時間作業, 住宅建材REPAIR, 木部 パーマリンク