施設の改修工事

3月になると施設の改修工事が多いみたいで、

車いすの先端が刺さって、ドアに穴があいたという連絡。

なかなかドア1枚交換というのも、予算が厳しいので、

何とかならないかと工務店さんに相談があったそうです。

こういう時に補修屋と付き合いがあると、

ある程度のことは補修で何とかなるので便利。

いつものように内側のサポートをして、

パテを埋めて面出し、艶あわせをして、柄を書いていきます。

写真では少し青みがかっていますが、

肉眼ではわかりません。

masamune について

マサムネ工房管理人の細川です。 アンティーク家具の修復や住宅の補修などをしています。 四国での生活や日々の仕事の中で感じることなどを書いています。
カテゴリー: 3時間作業, 住宅建材REPAIR, 木部 パーマリンク