修復」カテゴリーアーカイブ

仏壇のつづき2

しかしながら、 部分的な着色ということでは、 水性塗料はまだまだという感じでした。 顔料を含むペイント材などが対象になるのですが、 白が多く含まれていて、 漆のような発色をしてくれません。 この仏壇の色は非常にみずみずし … 続きを読む


カテゴリー: 住宅建材REPAIR, 修復 | 仏壇のつづき2 はコメントを受け付けていません。

仏壇のつづき

さて、「水性の塗料でやってみよう」と、 依頼者様からお電話をいただいたときにプランをたてて、 下見に行かせていただくことにしました。 漆について難しい側面があること、 鏡面になっている塗膜を補修することが難しいこと、 正 … 続きを読む


カテゴリー: 修復 | 仏壇のつづき はコメントを受け付けていません。

水性のとまくでやってみる。

さて前回の続きです。 人様の仏壇ですので、 写真を撮るのもはばかられ この一組しかとっていませんでした。 それにしても、すごい鏡面です。 何十年も前の塗膜がそのまま残っていて、 いまだにこのような艶をキープすることに驚か … 続きを読む


カテゴリー: 修復 | 水性のとまくでやってみる。 はコメントを受け付けていません。

仏壇の修復

今回は個人のお客様で仏壇の全体的なクリーニングと部分的にはがれた塗膜の修理依頼。 作業に取り掛かるまで1か月を要して、念入りに準備を行いました。 まずは、塗膜がたぶん漆であろうことと、作られてからすでに50年以上たってい … 続きを読む


カテゴリー: 修復 | 仏壇の修復 はコメントを受け付けていません。

修復の基本14 塗装

やっとのことで、木部の修復が完成しました。 次の課題は無数に打ち込まれたピンの跡です。 サイドレールとバックレールにツキ板を張るということとなりました。 既存の保存ということに関しては、ツキ板をはがしてしまえば すべて元 … 続きを読む


カテゴリー: 修復 | 修復の基本14 塗装 はコメントを受け付けていません。

修復の基本13 木工部分の修復3

今回は彫刻の部分です。 木材はビーチです。塗料で隠蔽される仕上がりのものなどには よくこの木材が使われています。 椅子のフレーム部分や、彫刻を施す部分などにも、 表には出てきませんが、修復には必要な木材の一つです。 足の … 続きを読む


カテゴリー: 修復 | 修復の基本13 木工部分の修復3 はコメントを受け付けていません。

修復の基本12 木工部分の修復2 

アンティーク家具の修復をしていると、過去に施された修復のひどさに、文句を言いたくなります。 この下の写真では、ジョイント部分のオスがありません。 カットされたのか、どうかも今となっては分かりませんが、 なぜこのまま放置さ … 続きを読む


カテゴリー: 修復 | 修復の基本12 木工部分の修復2  はコメントを受け付けていません。

修復の基本11 木工部分の修復 1

解体が終わった時に、もうこのsofaなおすの無理じゃないかと思いました。 ジョイントはこんなだし、腐ってるし、破断して部材がなくなってるし、     これを少しづつ、少しづつ最小限の範囲で削ったり、カ … 続きを読む


カテゴリー: 修復 | 修復の基本11 木工部分の修復 1 はコメントを受け付けていません。

修復の基本10 Sofa 解体、クリーニング

アンティーク家具の魅力15で、Sofaと呼ばれる所以をお話ししましたので、 この家具がSofaとるポイントはつかんでいただいたと思います。 少し付け加えますと、イギリスではSettleからSetteeへと受け継がれて、 … 続きを読む


カテゴリー: 修復 | 修復の基本10 Sofa 解体、クリーニング はコメントを受け付けていません。

修復の基本9 19th C Regency Ebonized Sofa

さて3つ目の家具はリージェンシー・エボナイズド・ソファです。 このソファーを修復したのがきっかけで、少しSofaについて調べる機会がありました。 その内容はアンティーク家具の魅力15でお話しします。 当時の学生たちの間で … 続きを読む


カテゴリー: 修復 | 修復の基本9 19th C Regency Ebonized Sofa はコメントを受け付けていません。

修復の基本8 

さあ、ここからが、このスツールの本番。 らせん状にねじが切られていて、百年近くも使われてくると、このねじの隙間が大きくなって、 ゆるくなります。このかみ合わせを直す段階です。前回の基本7で支柱のほうはパッチをいれて、なめ … 続きを読む


カテゴリー: 修復 | 修復の基本8  はコメントを受け付けていません。

修復の基本7

螺旋状にピッチを持つ支柱と、受け側の溝のギャップを直します。 両方とも木材(ビーチ)で作られているのですが、やはり百年近くるくると回されると、 すりへってきます。そして、直角に立たないようになってきて、高さの調整が難しく … 続きを読む


カテゴリー: 修復 | 2件のコメント