乾燥収縮による柱の割れ

絞り丸太を使ってオブジェクトが完成していたのですが、

あまりの気温差で割れが発生しておりました。

写真は作業前後で違うものですが、

割れの入っていたものと、割れを修復して目立たなくしたものです。

柱にはオスモカラーで塗装されており、割と濃い色で木目が薄くなるほどでした。

現場はかなりの高地でしかも今年の寒さもあって、

夜になるとマイナス15℃昼は10℃ほどまで上がり、

気温だけでも25℃の差はかなりのものです。

そのうえ現場でもストーブを焚いて暖を取っていたようで、

柱の乾燥が進むことになったと思われます。

ためしに1本補修をして、ひび割れたりしないか経過を観察することにしました。

春になっても補修に変化はなく、割れも増えたり幅が広がったりしなかったので、

補修することになりました。

丁寧に割れの内側に接着剤と木片を詰めていき、

表面の色を合わせていきました。

無垢材そのものの色では補修は困難でしたが、

着色されていたので、ほぼわからなくなりました。

2日間の作業でした。


masamune について

マサムネ工房管理人の細川です。 アンティーク家具の修復や住宅の補修などをしています。 四国での生活や日々の仕事の中で感じることなどを書いています。
カテゴリー: 7時間作業, 住宅建材REPAIR パーマリンク