建具枠の掘り込み跡

IMG_5759IMG_5766

建具枠に掘り込みを付ける予定が

必要なくなって、元に戻すことがあります。

この場合はシートを取り寄せる時間がなくて、補修でやってほしいとのことでした。

バックアップをしっかり詰め込んで、ある程度フラットな状態にしたら、

ポリエステルパテで充填します。

サンドペーパーで削ってしっかり平面を出したら、プライマー処理と艶合わせを行って、

着色をしていきます。

このような比較的に大きな傷の場合、先に艶合わせを行って、

塗膜を先に作っておくことが重要です。

元の基材と一度縁を切り、あたらしい塗膜を作っておきますと、

着色する際に非常に色が分かりやすいので、

きれいな仕上がりになります。

表面の塗膜に吸い込ませるように色を付けていくと、

自然な感じに仕上がります。

この作業で1時間30分でした。


masamune について

マサムネ工房管理人の細川です。 アンティーク家具の修復や住宅の補修などをしています。 四国での生活や日々の仕事の中で感じることなどを書いています。
カテゴリー: 3時間作業, 住宅建材REPAIR, 木部 パーマリンク