微妙な凹み傷

アルミ製の勝手口の表面に軽く押し当てたような凹み傷ができていました。

そんなに大きな傷ではないのですが、さすがに部分で色を合わせるのは難しいので

全体的に同色で塗装いたしました。

サテン系の色なのかパールでぼかしているのか、とても粒子が細かくて、

吹いてみるまで分かりませんでしたが、

サテン系の色の金属片で同色が作ることができました。

工事も終盤にかかり、養生をはがしてみるとびっくりなんてことは

工事関係者にはよくあることで、すぐに補修屋に電話してくれるのですが、

この時期は1週間後もいっぱいで、「2週間後になります。」なんてよくある話です。

なんとか、時間を作って回れるようにしたいと思う今日この頃です。

 


masamune について

マサムネ工房管理人の細川です。 アンティーク家具の修復や住宅の補修などをしています。 四国での生活や日々の仕事の中で感じることなどを書いています。
カテゴリー: 3時間作業, 住宅建材REPAIR, 金属 パーマリンク