炎天下のアルミサッシ補修

IMG_6833

IMG_6834

暑すぎて、2液性のポリパテも、アルミやスチールの上に乗せると

一瞬で固まってしまします。

塗料も吹き付けた瞬間に蒸発するように、乾いてしまうので、

表面がザラザラになってしまいます。

それでも、時間をかけながら、吹いては研ぎに時間をかけて、

ゆっくり仕上げれば、仕上がりに差はなくなります。

だけども、この炎天下ではこちらの意識がもうろうとします。

なるべく、日中は屋内の作業や外でも日陰も探して作業して、

涼しい時間帯に外作業をしております。

それにしても、今年はクーラーをかけてくれる現場が増えたのですが、

アルミサッシの外作業が多くて、外から恨めしそうに中を眺める日が続いています。


masamune について

マサムネ工房管理人の細川です。 アンティーク家具の修復や住宅の補修などをしています。 四国での生活や日々の仕事の中で感じることなどを書いています。
カテゴリー: 1.5時間作業, 住宅建材REPAIR, 金属 パーマリンク