現場内が狭いと、搬出入でものがぶつかる。

7172

明らかに何かの角をぶつけて陥没した建具の傷です。

傷は30mmほどの傷で1時間ほどで治りましたが、なんでこんなにしっかり傷をつけたのだろうと、

不思議でしたが、現場内が狭かったのです。

 

これは、意外なことですが、現場の敷地面積が広くて、階段の幅が広かったり、

部屋のなかに引き戸が多用されていて、広く使えるようになっていると、

意外と傷の数のが少ないようです。

 

推測ですが、たとえば廊下で、一人の職人さんが仕事をしていても、

後ろを容易に通るスペースがあると、

壁や柱にぶつかることが少ないのだと思います。

建具や設備を設置するさいも、寝かしたり、起こしたり、向きを変えるのに、十分なスペースがあると、

取り回しがきくので、ぶつけたりする確率がぐっと下がるのだと思います。

 

それでも、納期までに日にちのない仕事では、

傷の数は増えますが、都会の現場に比べると、

おおむね傷の数は少ないようです。

 

これは、敷地にも余裕があるので、

職人さんは車を止めるスペースを心配しなくていいことや、

道路状況も混雑や事故が少なく、現場での仕事に集中できるということがあります。


masamune について

マサムネ工房管理人の細川です。 アンティーク家具の修復や住宅の補修などをしています。 四国での生活や日々の仕事の中で感じることなどを書いています。
カテゴリー: 5時間作業, 住宅建材REPAIR, 木部 パーマリンク