アンティーク家具の魅力 番外編

今回は映画 「英国王のスピーチ」です。

 

映像がシンプルで、コミカルに進んでいきます。

イギリス人のプライドの高さ、またその上をいく皇族のプライド。

階級社会であり、過去の遺産でご飯を食べていると言われた、

皇族の苦悩みたいなものも垣間見えます。

良くも悪くもイギリスだなーという感じでした。

 

しかし、注目すべきはiそのシーンシーンにでてくる、家具の面白さです。

 

まずは、ウエストミンスター教会でジョージ6世役のコリンファースが振り向くと、ある椅子に座っている

ローグ役のジェフリーラッシュに激こうするシーンがあります。

その椅子に座ったことで、なぜそんなに起こったのか、それは13世紀にエドワード1世のために作られた、王様の椅子だからです。戴冠式用の椅子として王族の儀式のときに使われてきた、由緒正しい椅子なのです。

アンティーク家具の世界でも、一目置かれる椅子に一般人のローグが座っているのを見た時は僕もぞっとしました。

 

さてそれから、ラストに迫ると、国王がスピーチを始め、それぞれの生活レベルや国の特徴などが

置いてある家具からよく読み取れるように配置されています。

 

一般の労働者階級が集うパブでは丸い背もたれが印象的な、トーネットなどの椅子、日本ではカフェ椅子などともいわれていますね。皆さんおなじみの黒っぽい色をしたかわいい椅子です。

 

少し裕福そうなおばさんが写るシーンでは、ジョージアン調のブラウンファニチュアーが部屋を飾っていました。

 

そして、国王のお兄さんが恋人と放送を聞いているシーンでは、きらびやかな金色の金物があちらこちらの

家具に配されていて、雰囲気からいくと、フランスにいるのではないかなーと思われました。

 

その他にもいろんなシーンにいろんな家具がでてきますので、ゆっくりおご覧ください。

家具の特徴をじっくり見るために、マサムネ工房のHPにデザイン、スタイルのページをでティール集として

作りました。こちらで、特徴を探してもらうと、時代や名前がわかると思います。

映画を見る時も、テレビを見る時も、写真を見る時も素敵な家具が写っていると嬉しくなります。


masamune について

マサムネ工房管理人の細川です。 アンティーク家具の修復や住宅の補修などをしています。 四国での生活や日々の仕事の中で感じることなどを書いています。
カテゴリー: アンティーク家具の魅力 パーマリンク