修復の基本1

木工の作業で一番よくする作業がパッチです。
ちなみになくなった木部を新しい木片で製作することをパッチを作るといいます。
やっぱりパッチはたくさん写真があるので、

少し見ていただこうと思います。

これはチェストドロワーの引き出しの前板の角です。

かなりかたいマホガニーの無垢板ですので、割れやすいのでしょうか?

きれいにパカッと、潔く、割れています。

これが同じ方向の木目、色、から探してきたマホガニーの板を

カットして、アニマルグルーで接着して、形をトリミングしたところです。

これだけの深い色が出るマホガニーは貴重です。

着色は全くしなくてもよかったので、シェラックを何度も塗り重ねて、塗膜を同じくらいの

厚みにしました。ほとんどわからない程のパッチの完成です。

masamune について

マサムネ工房管理人の細川です。 アンティーク家具の修復や住宅の補修などをしています。 四国での生活や日々の仕事の中で感じることなどを書いています。
カテゴリー: 修復 パーマリンク