月別アーカイブ: 2011年8月

アンティーク家具の魅力 5

アンティーク家具の魅力=木の魅力ともいえます。   これも個人の好みがあります。アンティーク家具の魅力4で紹介したような   メローな色を好む人もいれば、漆黒の濡れ色になる濃い色を好む人もいます。 & … 続きを読む

カテゴリー: アンティーク家具の魅力 | アンティーク家具の魅力 5 はコメントを受け付けていません。

アンティーク家具の魅力 4

まるでいい感じに色落ちしたジーンズのように   日本人の感覚とはすこしちがうのかもしれません。 イギリスのあるディーラーから預かって修復したこのサイドテーブル、とにかく口を酸っぱくして注意を受けたのが、「この天 … 続きを読む

カテゴリー: アンティーク家具の魅力 | アンティーク家具の魅力 4 はコメントを受け付けていません。

アンティーク家具の魅力 3

イギリスにも昔からの邸宅やお城を開放していて、中を見ることができると転がります。   重要文化財のような特別な扱いを受けているところがほとんですので、   触ったりはもちろんのこと、座ったり、寝そべっ … 続きを読む

カテゴリー: アンティーク家具の魅力 | アンティーク家具の魅力 3 はコメントを受け付けていません。

修復の順番 4

装飾部分④ 木工の構造部分が終わって次は装飾部をチェックします。 ツキ板が浮いていないか、真鍮などの欠けがないか、 鍵がきちんと機能しているか、その他の材料の部分でいえば 象牙、水牛の角、鉄、大理石や革などがあります。 … 続きを読む

カテゴリー: 修復 | 修復の順番 4 はコメントを受け付けていません。

アンティーク家具の魅力 2

    ここまできれいになることがアンティーク家具の魅力の一つだと思います。   この家具は数十年もの間、あるクライアントの倉庫で保管されていました。   保管といてっも、置いてお … 続きを読む

カテゴリー: アンティーク家具の魅力 | アンティーク家具の魅力 2 はコメントを受け付けていません。

アンティーク家具の魅力 1

アンティーク家具の魅力。 この家具はマホガニーというツキ板が パイン材の本体に貼られています。 そのツキ板を当時の技術力で薄くカットしているのですが、 このように波打っています。 現在の家具ではありえないのですが、 僕は … 続きを読む

カテゴリー: アンティーク家具の魅力 | アンティーク家具の魅力 1 はコメントを受け付けていません。

修復の順番 3

耐久性が先、美観が後 ③木工の構造部分の修復 とにかく構造がしっかりとしていることが大切です。 ジョイント部に隙間がないか。 ジョイント部が動いていないか。などを確認します。

カテゴリー: 修復 | 修復の順番 3 はコメントを受け付けていません。

修復の順番 2

②発注、討議 すでに決定した工程がありますので、 それにそって作業するだけなのですが この段階で必要な材料や道具を揃えます。 ないものは買うか、つくるかして 準備を整えます。

カテゴリー: 修復 | 修復の順番 2 はコメントを受け付けていません。

修復の順番

修復の話題に戻ります。 ①観察、工程の決定 聞いた話では、上手な庭師は朝早く現場に来て、 煙草をふかしながら、ジーと庭を眺めるそうです。 イメージが固まるまで動かないそうです。

カテゴリー: 修復 | 修復の順番 はコメントを受け付けていません。

メンテンナンス1

今日もマサムネ工房のブログを読んでいただいてありがとうございます。 変なところが几帳面な店長 細川です。 メールに未読が残るといらいらして、すべて選別しないと気が済みません。 さて、 なるべくコンディションのいい箱を探し … 続きを読む

カテゴリー: はこや | メンテンナンス1 はコメントを受け付けていません。